やんちゃなミュウの育児日記

癒し系ブサカワチワワのちび太を中心にやんちゃなみゅうとお転婆なうさぎさんの日々を綴ってます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天国から地獄へと



前回の記事で可愛いトイプーのチョコをお迎えし

姪っ子家族はもう可愛くて可愛くて毎日が楽しそうでした

姪っ子もトイプーちゃんが欲しいと思い始めて一生懸命

お金を貯めていましたがチョコと出逢うまでには貯まりませんでした

だから両親に立て替えてもらってまで欲しかった念願の子

なので お迎えしてからも甲斐甲斐しくお世話していました

そしてお迎えから4日してチョコがお腹を壊したので

診てもらいに病院に連れて行ったのです

そうしたら先生から驚くようなお話しが・・・



チョコは心臓が悪く今の状態ならいつどうなってもおかしくない と

姪っ子家族はあまりに突然の話で信じたくありませんでしたが

キャラメルボックスさんと相談しセカンドオピニオンを受ける事になり

チョコをキャラメルさんに預けて帰りました


その結果やはり心臓が悪いとのことでした

普通保障では同等の子と交換というのが契約です

チョコは見た目にはとってもやんちゃで元気だし みんなきっと

初めの病院が誤診だろうと思っていました

いえ 誤診であって欲しいと願っていましたから

次の日にも迎えに行くつもりでバッグも預けていました

まさか もうチョコに逢えなくなるなんて

考えてもいませんでしたので悲しくてなりませんでした

姪っ子も念願の子を迎えて買った新しい物がいっぱいです

家の中にぽつんとからっぽのゲージやベッドが・・・

もう呼べば喜んで走ってきていたのに・・・

一挙に天国から地獄へとなったのです


でも どうしてもチョコを手放す事に決心がつかず

チョコは責任を持って面倒みますからという約束で

お店と相談してもう1人を見せていただく事になりました

またチョコにも逢えるので嬉しくてみんなで逢いに行きました



約束まで時間があったのでいつものカフェで食事をしました

今回は違う所に住んでいる別の姪っ子のラブも一緒です

やんちゃなミュウの育児日記 


もう7歳のダックスちゃん

お店の奥は仕切れるのでノーリードOKですが

みんな傍から離れませんでした



やんちゃなミュウの育児日記 


うさぎもすっかりカフェのミルクが気に入ったようです



やんちゃなミュウの育児日記 


お腹もいっぱいになり そろそろ約束の時間


やんちゃなミュウの育児日記 


チョコが大きくなったのか

元気なのか心配です


やんちゃなミュウの育児日記 



そう あの元気な子








やんちゃなミュウの育児日記 


相変わらず心臓が悪いとは思えないほどの元気

また一段と可愛くなっていました




そして新しくご対面の子

やんちゃなミュウの育児日記  


とっても小さくて大人しい男の子


やんちゃなミュウの育児日記 



同じトイプーちゃんでも全然性格が違うみたいで

みんなチョコにいじめられるんじゃないかと

心配していました


やんちゃなミュウの育児日記 


チョコと共に新しく家族に加わる事に決まったこの子


やんちゃなミュウの育児日記 


ほんとに可愛くて姪っ子も気に入ったようです


やんちゃなミュウの育児日記 


2010・12・15 生まれの男の子

名前はレイくんです


チョコの心臓は心配ですが今はまだ小さすぎて手術も出来ないし

それまで元気に大きく育ってくれることを願うばかりです

こうして無事レイも迎える事になりチョコも帰ってこれてよかったと

安心をしてこれでまた天国かなと思いました


やんちゃなミュウの育児日記 


私達も少しだけお散歩してその日は帰ったのです

これで一件落着と安心していました

姪っ子もチョコとレイをとっても可愛がり

まだ小さくてカラーもないからと手作りで

ネックレス作ってあげたり毎日可愛く写真撮ったり

小さいお洋服さがしたり おトイレの世話をしたりと

とても楽しそうに毎日していました



そして今週の月曜日レイの初めてのワクチンに

姪っ子が病院へ連れて行ったところ











まさかの

レイまでもが心臓悪いと判明

チョコの事があるのでブリーダーさんが

診断を滋賀にまで受けに行って

この子は大丈夫とお墨付きをもらっていたので

ほんとにびっくりしたのと同時にどうして

という気持ちでいっぱいです

これでまた天国から地獄へとなりました



姪っ子の家族は長男+3姉妹で

末っ子はまだ小さくて動物アレルギー

でもワンコが大好きでうちに来ては触れないけど

楽しそうに遊んでいました それが

うさぎが来てから だんだんとアレルギーが

治ってきたのか触っても大丈夫となってきて

うさぎを凄く可愛がっていたので自分も

ワンちゃんが飼いたいと言い始めていたので

チョコがお家に来てほんとに喜んでいました

そのチョコにもう逢えないかもと思っていたのが

またお家に帰れるようになってとっても喜んでいました

やんちゃなミュウの育児日記 


こんなに喜んでいたのに・・・



そして3姉妹の長女

今回の姪っ子です


やんちゃなミュウの育児日記 


今とてもショックを受けています

病気とわかっても手放したくないと言っています

でも これからかかる病院代を考えると正直自身がないけど

どうしても手放す事に決心がつかないでいます

今キャラメルさんとも相談中ですが本当に

どうしていいのか迷っています

チョコもレイも可愛くて病気だとわかるとよけいに

可哀そうで最期まで診てあげたい気持ちと

心臓病の子を2人もとなると金銭的にも

精神的にもやっていけるのかという不安もあり

楽しいワンコ生活を夢みていた姪っ子だから

苦しいものになるんじゃないかという気持ちもあります

私もあまりトイプーちゃんには詳しくないし

こんな経験したことないのでどうしたらいいのかと思っています

やんちゃなミュウの育児日記 

もし このような経験がある方とか

こんな考えはどうですか?というのがあれば

教えていただけると嬉しいです



どうぞ応援お願いします


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
スポンサーサイト

| お出かけ | 18:39 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/02/24 19:30 | |

こんばんは~
トイぷーちゃんは一体?と思って、次のUPが気になってましたー
チョコちゃんに次いで、レイちゃんまで?
なんだかかなしくなちゃいましたーv-356
そして、セナのお話なんですが、お迎えしてすぐに、血便、嘔吐があって、入院することになったんですがミミも、感染したのか
同じ症状で入院、とっても経済的にふたんがありました。セナを購入したお店に連絡したところ、ちょっとお迎えもはやかったので、母親と一緒に過ごしたら、よくなるんじゃないかと思いましたが、離れて1週間もたてば、子供として、受け入れないし
同じぐライの子と交換で言われたんです。まあ、今思えば、かんせいせいのある子を戻すわけにはいかないと、理由づけだったのかもしれませんが。。。
母もこんな子は、かいしなさい!!
て言われたんですが、ではこのこはどうなるの?
て思ったとき、どうしても手放すことができませんでした。
でも2ワン、心臓が悪いとなると、負担もおっきいですよね
心臓が悪いとは、どの程度なんでしょう?
たとえば、人間でいうと、心室中隔欠損、という病気は、子供のころに心臓に穴が開いていても、大人になると自然に閉じて、よくなる場合もありますが、わんちゃんはどうなのかな?
何の病気かにもよりますよね
あまりいいアドバイスできなくてすみません。大人になって、治る病気であればとおもいますが、この子を返した時に、この子はどうなちゃうの?と
行方が気になります。キャラメルぼっくすさんが、責任を持って、おせわしますてことならば、お返ししたほうがいいと思いますが。
ちょっとお世話しちゃうと情が移ってしまって、返すということが難しいくなりますねーv-410

| bebiママ | 2011/02/24 23:01 | URL |

あごめんなさい、最後にこっとした顔文字になってますが、うち間違いです(><)

| bebiママ | 2011/02/24 23:10 | URL |

チョコちゃん。。
そしてレイくんが。。。
どうしてこんなことが起こってしまうのでしょう。。
姪っ子さんの気持ちを察すると本当になにも言葉がでません。
でもでもやっぱりずっとそばにいてほしいという気持ち
なんだかわかる気がします。
どうしたりいのかなぁ。。ゆきもトイプーちゃんのこと
全くわからないです。
でも一番の方法は姪っ子さんが決断するのかと思います。
でもでもママさんもどうアドバイスしていいか
本当に悩んでしまいますよね。。。
心臓の病気っていうのは大きくなるとともに
治っていくものなのでしょうか?
病院の先生などに相談するのもいいのかなと思ったりです。
上手なアドバイスが全くできなくってごめんなさい。。
姪っ子ちゃんの一番幸せになれる方法が
見つかることを祈っています。
何よりもチョコちゃんとレイくんが。。
大きくなるにつれよくなっていくことがいいのですが。。

| ユキ | 2011/02/24 23:48 | URL |

そうだったんですか~
驚きの内容でした…
まだ小さいベビーちゃんなのに…涙が出てきちゃいますね。
どうしたらいいのかは私にもわかりませんが、
私もそらをお迎えした当初、そらは咳ばかりしていたので
小さい身体でゼイゼイ…それはそれは可哀そうだったのです。
病院でも原因はわからず。他の病院に行ってもわからず。
ただ検査や注射を繰り返して、今思えば可哀そうな事をしたと思うのですが、犬を飼う初心者の私はオロオロと病院のハシゴをしてしまい胃が痛い毎日を送っていました。
ある先生なんかは、ペットショップに返せば…的なことを言ってましたが、とんでもない!
まだ数日しか飼っていなくても、もうそらは私の子供なんだから!私が絶対守る!って強く思いましたね。
だから姪っ子ちゃんたちの気持ちはよーくわかります。
もう手放せませんよね。もう立派に家族ですもんね。
チョコちゃんも愛情受けて幸せになってもらいたいと心から願っています。
とりとめのないことを綴ってしまいました。すみません。
全てが良い方向に向かっていきますよう祈っています。

| soramama | 2011/02/25 00:19 | URL |

トイプーちゃんふたりとも、そうなんですか。。
お迎えしてすでに情も移っているしもう家族ですよね。
最近は、病気になったわが子を動物病院に預けっぱなしにして
引き取りにこない飼い主も増えているそう。。
そんなことを聞くにつけ、どうしてって思ってしまいます。
チョコちゃんレイちゃんについては無責任なことも言えないし、
どうしていいかわからないのですけど。
キャラメルボックスさんに戻しても、ほんとうに最後まで
面倒をみてもらえるものかどうか・・・心配になります。
ただ、現実問題として金銭的精神的負担は、ままさんが
心配なさるとおりだとおもいます。

小さな命、無邪気にじゃれる幼い命、なんの迷いもなくただ
目の前にいる私たちを信用して、笑顔ふりまくチョコちゃん
レイちゃんが無条件の愛情注がれて幸せになってほしいと
心から願います。
なんの意味もなく生まれてくる命って、ないと思います。
命には、必ず意味があるし目的があるはずですから。。

すべてがあい働いて益となる方向へ進んでくれるように
心からお祈りします。

| ポンパパ | 2011/02/25 01:11 | URL |

トイプーちゃんの出現に驚いたりワクワクしながら拝見してました☆
でもチョコちゃんとレイくんの病気がわかって、どうして…という気持ちでいっぱいです。

病気が今後どうなるのか、どういう治療が必要なのかはっきりわかりませんので
何て言っていいのかわかりませんが、姪っ子さんご家族とママさんファミリーと
キャラメルさんでチョコちゃんとレイくんがベストに過ごせるような結果になれば思います。

ママさんも心配でしょうし、落ち着かれるまで不安でしょうけど、姪っ子三女ちゃん
にとってもいい方向になればと心から祈ってます。

| のあママ | 2011/02/25 01:44 | URL |

そんな続きがあったんですね。
心臓病とわかっても、一度家族になったら、はやり愛情がわいて「いらない」なんて言えないですよね。
心臓病を持つわんこのお友達がいますが、
普通に生活をしています。
爆弾をかかえているものの、お薬を飲みながら病気と仲良くやっているようです。
大変かと思いますが、ご家族の皆さんがそばにいられるのなら
チョコちゃんもレイくんも幸せだと思います。
がんばってください。
としか、言えないですが、がんばって欲しいと願うばかりです。

| kenmama | 2011/02/25 08:54 | URL |

そういうことだったんだぁ。
チョコちゃんとレイ君二人が姪っ子ちゃんのお家の子になったんだね。
んで、チョコちゃんもレイ君も心臓が悪いんだぁ・・・。
二人とも同じブリーダーさんの子なのかなぁ?

一度出会ってしまって迎えてしまった子だからこそ。病気とわかってもなかなか手放すなんて出来ませんよね。
でも金銭面を考えるとホントに大変。
だけどキャラメルボックスさんに戻ったとこでどうなるんだろう?
いろいろ考えちゃいますよね。
金銭面はすごい大変かもしれないし早い時期にもしかしたらお別れになっちゃうかもしれない。
だけどお迎えして可愛くて仕方ない♡きっとチョコちゃんレイ君はとっても幸せだと思うょ☆
すべての治療を二人にして上げられないかもしれないけど成長して手術をするにしても二人となるとそれはそれは大変なことだろうし。
でも出来る限りのことをしてあげること。たくさんの愛情を二人に注いであげること。
これが出来れば二人は絶対に幸せだと思う♡♡
頑張ってください!
心臓が悪くてもお薬飲んで頑張って普通に生活出来る子だっていっぱいいるし。がんばろう!!
応援してます!!
こんなことしか言えなくてごめんねー(汗)

| スムチー母 | 2011/02/25 11:09 | URL |

ミュウちゃんママ
とっても楽しみな記事・・・なんて思ってたのに
心臓が悪いとは^^:なんと言っていいのか・・・
みよぴ~も悲しいです
でもみよぴ~よりもっと、姪っ子ちゃんの方が辛いですよね
先住犬のパンチ君は同じく心臓から虹の橋を渡ったことを思い出しちゃって^^:
本当に病院代やお薬や食事など沢山の経費がかかりますから
よ~く考えてくださいね
参考にならないコメでごめんね
でも祈ってるから^0^

| みよぴ~ | 2011/02/25 12:55 | URL |

トイプーちゃん

そんなことが
あったんですね!
想像もしてないことでした。
姪っ子さん、一家もショック
受けてることでしょう・・・。

キャラメルさんで、検査受けた時に
なんで分からなかったのでしょう・・・。
その時に発見出来ていれば
2回も悲しい思いをせずに済んだはずなのに・・・。
他の方も書いてますが
どの程度の心臓病かにも
よりますね。
実家のマルチーズ2頭共、心臓病でしたが
10年くらいは、生きてました。
お薬の持続も大変ですし・・・。

コメントありがとうございます★
ホント、素敵なプレゼント
ありがとうございました!!
音楽には、耳傾けて聞いてる姿
可愛かったです。
動画、取り損ねましたが・・・・。


| あきてぃ | 2011/02/25 13:59 | URL | ≫ EDIT

ママさん家へのお迎えぢゃなかったんですね。
って、チョコちゃんもレイくんも心臓悪いなんて・・・。
でも、姪っ子さんが手放せない気持はよく分かります。
状況は違いますが、実は、
我が家も初めてイヴをお迎えした時、男の子が欲しくて一目惚れでその日に引き取って帰りました。
が、私の実家が近かったのでちょっとだけ寄ったら弟にメスだよ。
って、言われて確認したら完全に女の子でした。。。
ショップに電話してもう一度ショップに行って「返却しますか?」って聞かれて数時間だったけど連れて帰ったイヴを返すなんて出来ず書類を全部直してもらい引き取りました。
やっぱり、性別が間違ってても病気が分かっても離れられないですよね。
物ぢゃないですもん。命があるんですもんね。

ちなみに以前飼っていたマルチーズは心臓病でした。
心臓の手術をするにも全身麻酔の段階で心臓がもたないかもしれません。って言われました。
万が一の承諾書も書かされました。
手術当日心配で心配で仕事も手に付かなかったです。
でも、この子の心臓は2回の手術に持ちこたえてくれました。
難しい問題だと思います。
少しでも参考になればいいのですが・・・。

| イヴちんママ | 2011/02/25 14:12 | URL |

そんな大変なことがあったんですね・・・
新しく犬を飼う時なんて、ワクワクした気持ちしかないですもんね。
姪っ子さん一家の気持ちはよく分かります。
もう自分の家族、自分の子ですもんね。

とっても難しい問題ですね。
私も出雲が初めての飼い犬で、飼い始めてから色んな記事を見ては心配したりしていました。
何と言ったらいいのか思いつきませんが、みんなが幸せになるようなイイ方法が見つかることを祈るばかりです。

| akkhmok | 2011/02/25 16:54 | URL | ≫ EDIT

可愛いプードルちゃんのその後は知りたくて来てみれば・・・
言葉がありません。
チョコちゃんに続いてレイちゃんも同じように心臓が悪いなんて・・・
姪御さんのお気持ちを思うと・・・

現実問題この先、金銭的にはかなりの負担になると思います。
治療に掛かる費用だけでなく、姪御さんのメンタル面も気になりますし、簡単には結論が出せませんようね。

可愛い盛りのパピー犬。やっとめぐり合えたパートナーですものね。

もし、姪御さんが引き取らなかったら2匹はどうなるのでしょう?
それも気になります。

1つ言えることは最初に病気がわかる子もいれば、後から発病する子もいます。
生きている以上病気はつきもの。
健常犬を迎えてもいつか何らかの病気を発病しないとも限りませんよね。

ペットと暮らすことは命と向き合うことでもありますよね。

姪御さんが悩んで出した結論が姪御さんにとって一番良い判断でありますよう願っています。

闘病犬を抱える者として安易な事は言えませんが、私は今のパートナ達と出会えた事に感謝しています。

姪御さん、チョコちゃん、レイちゃんにとって最善な道があることを信じています。

| わんにん | 2011/02/25 17:04 | URL | ≫ EDIT

今日は夜勤のため、ポチ逃げです~
またきますねー

| bebiママ | 2011/02/25 18:40 | URL |

!!!!!!!

お薬を使って うまく付き合って行けないかしら?

| にあ | 2011/02/25 21:15 | URL |

ミュウちゃんママ
みよぴ~はどちらの選択も間違いないと信じてる
このまま飼うのも引き取ってもらうのもね
兎に角応援してるから^0^ポチして帰ります

| みよぴ~ | 2011/02/26 09:54 | URL |

こんにちは(^^)
↓の記事を読んで、とてもほほ笑ましくて嬉しそうだったのに…。
どうして、こういうことになるんでしょうね…
やはり繁殖に無理があるのでしょうか…
辛いですね。
2ワンも心臓病の子を飼うとなると、やはり負担は大きいですからね。
姪っ子さんもまだ若いようですし…。
1ワンと2ワンでは、かかる費用がまったく違いますからね。
これから掛かるであろう医療費など、キャラメルさんに少し負担していただくことはできないのですか?
でも、チョコちゃんとレイちゃんをもし返すとしても、
この子たちはその後どうなるんですか?
心臓病や病気をかかえていても、どこか悪くても、
元気に成長して生活しているワンちゃんも沢山います。
姪っ子さんご家族と2ワンちゃんが良い方向に向かうこと、
祈っております。

| 琴音ママ | 2011/02/26 10:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mew1120.blog19.fc2.com/tb.php/401-2e954ce5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT